スキップしてメイン コンテンツに移動

8/10クロスバウンダリー・名古屋公演



明後日に迫りました名古屋公演での全プログラムを掲載しました!
crossboundary VIII
声と打楽器。「うたう」と「たたく」。
これらの原始的な動作で表現する音の美しさが神社をより神秘的な空間にします。
京都を拠点に、鋭い切り口で音楽の魅力を伝える
アンサンブル九条山による初の名古屋公演。

2019.8.10(土) 18:30開演 
入場料:1,000円 (学生半額・小学生以下無料※要保護者同伴・当日券は500円増) 

<プログラム>
I. クセナキス/ルボン B 打楽器ソロ (1987-89)
- J. ケージ/18回目の春を迎えたすばらしい未亡人 声と打楽器(1942)
- M. シェーファー/ウルフ・ミュージック ソプラノソロ (1984-1996)
J. アルヴァレス/テマスカル マラカスソロと電子音響 (1984-1996)
今井智景/クロスバウンダリーⅧ<レゾナンス2>(2019)  
 ソプラノと打楽器のための(2019/新曲初演
-G.アペルギス/ 決闘 打楽器奏者とザルブのための(1978)
-日本歌曲より<夕焼け小焼け><椰子の実><カチューシャの唄>
出演: 太田真紀(ソプラノ)畑中明香(打楽器)

写真は前年の同会場にて開催されたシネクドキズム公演にて。
打楽器の畑中明香が参加しました



コメント

このブログの人気の投稿

6/24 現代音楽ことはじめ

『 アンサンブル九条山コンサート  高槻城公園開場記念~ 現代音楽ことはじめ 』  2023年 6/24 (土) 16:00 開演 (15:30開場)  会場 高槻城公園芸術文化劇場 南館 太陽ファルマテックホール   プログラム シオサイ    (2012) vn, vc, pf   馬場法子 (1970-) The King of Denmark   (1964) percussion solo   モートン・フェルドマン(1926-1987) 飛び出し小僧 / Dashing out Ⅰ     ※ 2011/改訂 初演  fl, cl, vn, vc, pf   若林千春(1961-) 俺は沈黙を書いていた (2020) sop, vn, vc  イヴ・ショリス (1980-) AMA Ⅰc-2 (2008) picc/fl, pf 徳永崇 (1973-)  7つの愛の罪 (1979) sop, cl, perc.   ジョルジュ・アペルギス (1945-)      ※曲順は変更になる場合がございます ▷チケット料金:    一般:4,000円 友の会:3,600円 ▷購入・申し込み方法☛インターネットで購入  https://www.takatsuki-bsj.jp/ tat/event/20221116-190 ▷お問い合わせ      高槻城公園芸術文化劇場 072‑671‑9999(10:00~17:00)※ 月曜休館(祝日をのぞく) ▷注意事項 ・未就学児の入場はご遠慮ください。 ・チケット完売の場合、当日券は販売しません。 ・団体割引(一般10枚以上)については、 高槻城公園芸術文化劇場まで。   NEW!  Instagram

第14回定期公演 The pond's moon

アンサンブル九条山 コンサート vol. 14 スタンフォード大学共同プロジェクト《日本公演》 The pond’s moon     池に映る月 2023年 11/13    19時開演(18時30分開場) ロームシアター京都 ノースホール 会場アクセス プログラム リディア・ゲダート Lydia Goedert やさしく 《Softly》 (2022) sop, fl, cl, vn, vc, perc, pf   馬場法子Noriko Baba シオサイ《tumulte des flots》 (2012) vn, vc, pf  ジェニー・ション Jenny Xiong 3つの俳句 《Three Haiku》 (2022) sop, fl, cl, vn, vc, perc, pf   ザック・ドュルキン Zac Dulkin   ハーシュフィールド 《Hirshfield》 (2022) sop, fl, cl, vn, vc, perc, pf  フランソワ・ローズ  François Rose 池に映る月《The Pond’s Moon》 (2020) fl, cl, vn, vc, perc, pf *プログラムは変更になる場合があります 主催:アンサンブル九条山 後援:ヴィラ九条山 助成:芸術文化振興基金助成事業、京都市「Arts Aid KYOTO」補助事業 チケット購入: チケットぴあ Pコード:252293

泉 3/23 第13回定期公演

 アンサンブル九条山コンサートvol.13 泉  神への捧げ物や祈りが起源とされる音楽は、 やがて情景描写や文学との融合という流れを経て、 さまざまな題材から創作のインスピレーションを得ることとなる。 現代においては社会との関わり、建築や物理学、 日々革新を続けるテクノロジーなど、 その視点は更に広がり多岐に渡っている。 作曲家を取り巻く環境やバックグラウンドの異なるなか 何が変わらず/或いは新たに選ばれ、 創作の源泉となっていくのか。本公演では、 ヴィラ九条山レジデント時より協働を続ける イヴ・ショリス(1980-)作品をはじめ、ジェラール・ペソン (1958-)、ジェローム・コンビエ(1971-)、 ジュリアン・マロセナ(1980-)など、 めざましい活動を展開するフランスの作曲家を中心に紹介。 彩り豊かな音世界の旅へ。 2023年 3月23日 【 木】 19:00 開演 18:30 開場 ロームシアター京都 ノースホール  会場アクセス チケットぴあ    【 Pコード:236-157】 全席自由  一般:前売 ¥3,000 当日 ¥3,500  学生:前売 ¥2,000 当日 ¥2,500 プログラム イヴ・ショリス(1980-) 俺は沈黙を書いていた  Yves Chauris《J'écrivais des silences》 sop, vn, vc   日本初演 ジュリアン・マロセナ(1980-)  アーティキュレートされた音のエネルギーについて Julien Malaussena《Concerning articulated sound energy》 fl, cl, vn, vc, perc   日本初演 ジェラール・ペソン(1958-) 5つの歌曲  Gérard Pesson《Cinq chansons》sop, fl, cl, va, vc, pf  ジェローム・コンビエ(1971-) 渚 ― 雲のない灰色の空 見わたすかぎり灰色の砂 Jérôme Combier《Estran, poussière grise sans nuages》 fl, cl, pf, vn, va, vc  日本初演 出演者 アンサンブル九条山  Fl:若林かをり Cl: 上⽥希  Vn: ⽯上真由⼦ Vc: 福富祥⼦    Pf: 森本ゆり  Sop: 太